2006年11月02日

検索する時の単語数

1週間ほど前ですが、ヤフー(Yahoo)NEWSでの情報で、検索する時の単語数に関するニュースがありました。

こういった市場調査や意識調査ってネットビジネスにおいては非常に重要です。

どうしても人というのは自分を中心に、自分を当たり前のラインだと考えがちです。

一般的な人の考えや行動が分かると、それに沿ってこちらも対策を練れますよね?

アフィリエイトで重要な旬なキーワードや今後盛り上がってきそうなキーワードを事前に察知しておけると、それに対して早い段階で有利なサイト作成ができるというものです。

Web利用動向分析会社OneStat.comがまとめた調査で分かった。

次いで3単語が27.85%、4単語が17.11%の順だった。

単語1つだけで検索するユーザーは減少し続けており、11.43%で4位となっている。前年7月の調査では13.42%だった。

これはネットを使い慣れている人にとってはあたりまえの事ですが、知りたい情報をより早く見つけようと思えば単語(キーワード)を絞りこんだ方がいいですよね?

という事は検索をする時の言葉を文章のようにするとか、複合キーワードを使うという事。

この方法が今では一般化してきているので1単語だけで検索する人がどんどん現象してきているんですね。

という事は仕掛ける側からすると、この動向に合わせて2つ以上の単語(キーワード)を意識してSEO対策をしたサイトを作成する必要がありますよね。

もともと濃い訪問者が欲しいような成約させてナンボのサイトはこういった作りになっていますが、そうでなくても1単語だけで上位表示という時代ではなくなってきていますね。
posted by トップ at 02:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 集客・アクセスアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/26607310
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。