2006年11月02日

pingとは

ブログ特有の機能としてPing(ピン・ピング)という機能があります。

知っている人にとっては当たり前のこのPing(ピン・ピング)も知らない人にとっては何の効果があるものなのかすらわからないでしょう。

ここで知らない人の為にPing(ピン・ピング)の用語解説を。


○Pingとは

pingとは、ブログから更新を知らせるhttp経由の発信のことです。更新情報を集めるpingサイトに更新を知らせる時やトラックバックする時に使います。しかしネットワーク技術の用語としては一般的にPacket InterNet Groperのことを指します。

○Pingの意味

ピング、またはピンと読みます。ブログでは 更新通知 Ping ( アップデートPing )のこと。


○Ping送信とは?

自分のブログを更新した時、あらかじめ登録したPing受信サイトへ自動的に連絡をする機能のことです。そしてPing受信サイトは、更新され Ping送信されてきたサイトを情報のようにページに表示しみんなに報告します。


まず思いつくのは自分がブログの更新を伝える事によって、と考えるのが普通ではないかと思います。

多いので自分の更新した通知はドンドン下へ下がっていきます。

ここで「じゃあPing(ピン・ピング)を飛ばす意味はあまりないんだ。」と思うのは間違いです。

更新した事を直接的にアプローチしかけることも大切と言えばそうですがping(ピン・ピング)機能の本当においしい点はクローラーを呼び込む為にあるのです。

そもそも広大なウェブ上でいくら良いサイトを作り、良い記事を書いたからと言ってもそれが検索エンジンに認識されていないと存在しないのと変わりません。

だからこそ一刻でも早く認識してもらえるようにクローラーを呼び込む必要があります。

これをきちんとしている+良質なサイトと判断されたサイトであればあるほど
クローラーが常に巡回しているサイトになります。

こういった状態のサイトを持てば持つほど今後の行動がより優位な立場で始められる。という事になります。

こういった意味を考えるとPing(ピン・ピング)の送信先は一つでも多い方がいいです。

海外でも良いわけです。

前にPing(ピン・ピング)送信先URLを70コほど公開しているブログを見かけましたが、その送信先URLのほとんどが死んでいました^^;

さすがにデッドリンクでは飛ばす意味はないのでご注意。

あとブログサービスではPing(ピン・ピング)送信件数が限られているものもあります。
(ライブドアブログ等)

そういった時に重宝するのが「Pingoo(ぴんぐー)」です。


○Pingoo(ピングー)とは? ※Pingooから引用

当サイトでは、多数存在しているPINGサイトへあなたが発信する記事を一斉に配信するサービスを行っています。

一つ一つPINGサイトを設定をする手間を軽減させ、より多くのPINGサイトへあなたの記事を一斉に掲載させるサービス、それがPingoo!です。



とPingoo(ぴんぐー)一つのURLでいくつものPing送信先にPing送信をしてくれる便利なサービスです。

ちなみにPingoo(ピングー)の利用は無料なのでPing送信数制限ありのブログサービスもPing送信数無制限であっても絶対に登録しておくべきサービスです。
posted by トップ at 05:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 集客・アクセスアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

左サイドバーのテンプレート

まず検索エンジンにインデックスされるという事はサイト自体、細かく言えばページをクローラーにクロールしてもらわなければなりません。

そしてクローラーがそのページの情報を読み取る訳です。

この「読み取る」という行動をとる順番はそのページのソースを見れば一目瞭然。

左上から右下に向かってです。

人間の目で見ているブラウザの説明でいくと、ここで上位表示にとっての大事な要素。

それはクローラーに上位表示してほしいキーワードを適切に教えてあげる事というのは重要キーワードを上に持ってくる。かつ全体にまんべんなくキーワードをちりばめる。事が重要になってきます。

それが左サイドバー、右サイドバーにどのように影響するのか。

勘の良い人ならお気づきでしょう。

左サイドバーの上にカテゴリー欄を持ってきて重要キーワードを羅列する事でより上位表示がしやすくなるという事です。

これは某塾でも推奨されている方法です。

確かにこれは「今現在の上位表示」という意味だけでみると有効です。

ですがこの方法で上位表示されているサイトの多くは中身がありません。

私が言いたいのは、サイトオーナーやブログオーナーの使命は有益な情報を訪問者に提供する。という事。

先ほど「今現在の上位表示」という言い方をしたのは、このような小手先ばかりを追いかけている人は今後サイトやブログでは生きてはいけません。

検索エンジンが進化をすればするほどそういった中身のないサイトやブログは消えていきます。

検索エンジンは世界で色々ありますが、その求めている目的はどこも「有益なサイトを上位にもってきたい」という事だから。

そしてこれは自然と訪問者の方にとって有益な情報を発信しているサイト作りを意識している人が勝ち残れる。という事につながります。

だからこそ私は初心者であればあるほどブログやサイトで稼ぎたいと思うのであればまず有益なコンテンツ作りを意識すべきだと思うわけです。

まず中身のあるブログ作りを学べるのが2カラム右サイドバーもしくは1カラムだと考える訳です。

小手先のテクニックばかり気にしている人は生き残っていけません。

※ HTMLの書き方によってはこれが全てではありません
posted by トップ at 05:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 集客・アクセスアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

両サイドバーのテンプレート

情報商材系のレビューブログを見ていてよく見かけるテンプレート、両サイドバー

当時は周りもほとんどが3カラムだったので何も気づくことなく3カラムで運営していたのですが、実は3カラムはオススメできません。

なぜオススメできないかというと、3カラムは情報を詰め込みやすい反面、どこに訪問者が求めている情報があるのかがわかりにくくなりがちです。

僕も2カラム右サイドバーに変えた時はどうしても情報が多くなってしまいサイドバーがなが〜くなっていたりもしました。

それがブログアフィリエイトで結果を出すための大切なポイントであるともいえます。

いまだに見かけますが関係のない広告のバナーをペタペタと貼りまくっているのはどうしようもありません。

以前にもお話をしたように重いサイトや見にくいサイトでも通用するのは有名人か有名企業だけです。

名も知らない一個人がするべき対処は訪問者の方を意識したサイト作りです。

これができていなくてアフィリエイトで結果がでないという人は少しでも役立つようなサイト作りを意識する事によって変わってくるでしょう。

あとどうしてもトップページは情報が多くなってしまいますよね。

こういう場合にとれる方法。

トップは3カラム⇒カテゴリページは1もしくは2もしくは3カラム⇒個別ページは1もしくは2カラム

もちろん全て情報を整理した上でこのような事を取り入れるのもありかと思います。

もし情報をうまく整理する自信がなく、こんな技術は持っていない、技術はあるけれど使っているブログでは個別に形を変えられないというのであれば思い切って2カラムにしてみてはいかがでしょうか。

いずれにせよ直接物を売らないアフィリエイトだと言っても商売をする上で客観的に訪問者の目線で見る。という事は非常に大切です。
posted by トップ at 04:55| Comment(1) | TrackBack(0) | 集客・アクセスアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テンプレートの最も大切な要素とは

SEOを施して上位表示を狙う。といっても様々な方法があります。

・キーワード選定

・質の高いサイトからの被リンク

・クロールしやすいような内部リンク構成

・強調タグの活用

とまぁ他にもたくさんの要素が絡み合っているのですが、これらを活かすべき一番大切な要素とはそのページの軽さです。

これは検索エンジンのクローラーも同じで重ければ重いほど読み込めなくなるのでクローラーが隅々まで行き届かなくなってしまいます。

よほどの事をしていない限りは非常事態にまでは陥りませんが、それでもページは軽ければ軽いほど有利に働きます。

だからこそデザイン面はできる限りCSSで呼び出したりジャバスクリプトを外部化したりするのですが、ここまでの知識は別に必要ないです。

ただタグをまとめられるのであればまとめてみたりとかで十分かと思います。

一度テンプレートのタグを見直してみてはいかがでしょうか。

もちろんコンテンツありきのページの軽さという意味なので、テンプレートのタグはスッカスカで軽いけれどもコンテンツもスッカスカだった・・・というオチにはならないようにしましょう。

そういう意味でもまずはきちっとサイトを作り記事を書ける事=コンテンツを充実させる事が大前提です。

訪問者に受けのいいサイトを目指すとどうしても画像が入ったりと重くなる要素を入れなければならない事もあるでしょう。

デザインで売り上げが左右されてしまうジャンルもあるでしょう。

そういう時の妥協のラインは難しいところですが有名人や有名企業ではない限り、そういった重くなる要素はできるだけ省くべきだと思います。
posted by トップ at 04:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 集客・アクセスアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

検索する時の単語数

1週間ほど前ですが、ヤフー(Yahoo)NEWSでの情報で、検索する時の単語数に関するニュースがありました。

こういった市場調査や意識調査ってネットビジネスにおいては非常に重要です。

どうしても人というのは自分を中心に、自分を当たり前のラインだと考えがちです。

一般的な人の考えや行動が分かると、それに沿ってこちらも対策を練れますよね?

アフィリエイトで重要な旬なキーワードや今後盛り上がってきそうなキーワードを事前に察知しておけると、それに対して早い段階で有利なサイト作成ができるというものです。

Web利用動向分析会社OneStat.comがまとめた調査で分かった。

次いで3単語が27.85%、4単語が17.11%の順だった。

単語1つだけで検索するユーザーは減少し続けており、11.43%で4位となっている。前年7月の調査では13.42%だった。

これはネットを使い慣れている人にとってはあたりまえの事ですが、知りたい情報をより早く見つけようと思えば単語(キーワード)を絞りこんだ方がいいですよね?

という事は検索をする時の言葉を文章のようにするとか、複合キーワードを使うという事。

この方法が今では一般化してきているので1単語だけで検索する人がどんどん現象してきているんですね。

という事は仕掛ける側からすると、この動向に合わせて2つ以上の単語(キーワード)を意識してSEO対策をしたサイトを作成する必要がありますよね。

もともと濃い訪問者が欲しいような成約させてナンボのサイトはこういった作りになっていますが、そうでなくても1単語だけで上位表示という時代ではなくなってきていますね。
posted by トップ at 02:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 集客・アクセスアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

内部リンクと外部リンク

ヤフーのサイトへ行き、調べたいサイトのURLを検索窓へ放り込む。
これで検索結果にでた件数が内部リンク数です。(右上の方)

では外部リンク被リンク)の調べ方は同様に、調べたいURLを検索窓に
放り込むのですが、URLの頭に「link:」を付けて検索します。
(例 「link:外部リンクを調べたいサイトURL」)

この結果の件数が外部リンク(被リンク)です。

ではグーグル(Google)の場合は・・・

自分で試してみてください^^;

検索エンジンのアルゴリズムが違いますので、結果は変わってきますよ。

グーグルの検索エンジンでの被リンクなどが主な要素としてページランクがつくわけです。
posted by トップ at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 集客・アクセスアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月12日

集客やアクセスアップの効率を考える

例えどんなに内容が素晴らしいブログを作れたとしても、
例えどのような素晴らしい商品を提供しているとしても訪れてくれる方、
見てくれる方、つまりはその存在を知ってもらわないと意味ありませんよね

まず「存在を知ってもらうのは大前提」でその次に大切なのは
集客やアクセスアップの効率です。

色々な場所での宣伝告知や方法がありますが、
やっぱり使えるのはSNS(ソーシャルネットワーキングサイト)です。

SNSといえばやはりミクシィ(mixi)

ミクシィ(mixi)はビジネス利用が禁止ですが、
やはり使い方によって爆発的な集客効果を持ち合わせます。

ミクシィ(mixi)でアクントが消されてしまうなんて
よほどビジネス色をだしているとしか思えません。

そこでミクシィ(mixi)を使って自動で集客できるツールがこれです。

『オートキャッシュメーカー』

このツールは狙った属性の集客をほぼほったらかしでしてくれます。

そしてこのツールと相性のいいマニュアルがコレ。

mixiで月収93万円の不労所得を得た男

ハッキリいってこの二つだけでミクシィ(mixi)でかなり稼げてしまいます。

また前者のツールがあれば集客が可能なので、きちっと属性を
見定めれば何にでも使えてしまいます。
posted by トップ at 05:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 集客・アクセスアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。